August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

経営者は人材募集をするなら転職会議・カイシャの評判・Vorkers(ヴォーカーズ)などの企業版の口コミサイトを確認しないければいけない理由

 

先日の3/1に新卒採用活動が解禁となりました。

 

 

当社も新卒募集を開始したのですが、ネットニュースを見ていると新卒者の中にはもうすでに就職活動を終えているとのこと。

活動解禁の前にインターンシップから選考を始めて内定を出している企業が増えているようです。

ルールなんてあったもんじゃないですね・・・^^;

 

 

 

どちらにしろ一つ下の代の2021年卒の学生からはルールが廃止されます。

上記のようなルール無視が横行したからなのかは定かではありませんが、

一つ言えることは就活する側も募集する側も、やりづらくなったと言えるのではないでしょうか?

 

 

 

さて、そんな採用募集が難しくなってきている昨今ですが、

最近不動産関係の経営者の方々と採用活動について話をしていて、

「転職会議・カイシャの評判・Vorkers(ヴォーカーズ)などの 企業版の口コミサイト」

知らない見たことがないという方が多くいらっしゃってたいへん驚きました。

 

 

 

みなさんは下記サイトを見たことはありますか?

 

 

【企業版口コミサイト】

<転職会議> 

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト.png

https://jobtalk.jp/

 

 

 

<カイシャの評判>

会社の評判、口コミ、年収から転職・就職情報まで分かる|カイシャの評判.png

https://en-hyouban.com/

 

 

 

 

<Vorkers(ヴォーカーズ)>

Vorkers 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ.png

https://www.vorkers.com/

 

 

 

 

新卒なら

<就活会議>(転職会議と同じ内容が載ってます)

【就活会議】新卒採用 インターン 面接の評判がわかる口コミサイト.png

https://syukatsu-kaigi.jp/

 

 

 

<みん就>

みん就 みんなの就職活動日記    就活・新卒採用のクチコミサイト.png

https://www.nikki.ne.jp/

 

企業版口コミサイトはこの他にも最近増えてきているのが現状です。

 

 

 

 

今後は、リクルートが2018年5月9日に12億ドル(約1270億円)で買収したglassdoor(グラスドア)を日本版で公開し、

indeedと連携させながら展開してくるでしょう。

※glassdoor(グラスドア)はアメリカで求人情報検索サイト「glassdoor.com」を運営し、企業に関する口コミ情報を収集している。

 

 

 

<glassdoor>

https://www.glassdoor.com/index.htm

 

 

 

 

話を戻します。

 

そもそも求職者の求人探しの流れは

 

1.

採用募集サイトなどで情報収集。気になる企業をピックアップ

 

 

2.

企業ホームページを確認

 

 

3.

応募・面接

 

 

4.

内定

 

 

5.

就職

 

とざっくりこんな流れで就職活動をされています。

人によっては2の企業ホームページを確認せずに採用募集サイトの情報だけで応募する方もいます。

 

 

「あれ、さっき話した企業版の口コミサイト見てないじゃん!」

って思われた方!

良い指摘です。

 

 

 

 

 

実際は・・・

 

1.

採用募集サイトなどで情報収集。気になる企業をピックアップ

※企業版の口コミサイト閲覧

 

2.

企業ホームページを確認

※企業版の口コミサイト閲覧

 

3.

応募・面接

※企業版の口コミサイト閲覧

 

4.

内定

※企業版の口コミサイト閲覧

 

5.

就職

 

このように1〜4のどのタイミングでも閲覧している可能性があるのです。

ただ、特定のタイミングで絶対に見なければいけないという訳ではないので

このようになってしまいます。

 

 

 

 

「面接の時間も無駄にしたくない」、「確実な情報収集をした上で面接を受けたい」という方は1.2のタイミングで口コミサイトをみる可能性が高いです。

 

3.の面接後に見るケースとしては「面接官は〇〇のように言っていたが本当か?」など疑問を抱いたりして確認する意味も含め見る可能性があります。

 

そして4.で内定をもらったけど・・・本当にこの企業大丈夫?ってタイミングで改めて入社前に色々調べる方。

 

 

 

このように企業版口コミを見る方は年々増えています。

レストランへ行くときに口コミを見てからいく方が大多数いるように、

就職・転職活動する上でも口コミを見ることは必然となっていくでしょう。

 

 

 

その状況で自社の口コミがどうなっているか?

を理解していない経営者・企業はいくらお金をかけて採用募集をしても

うまくいかないケースが発生してきてしまうでしょう。

 

また、Google検索で

【会社名】 

【会社名 評判】

【屋号 評判】

【会社名 代表者名】

なども検索してどのようなページがひっかかってくるかの把握も大事です。

 

 

まずは上記を必ずやってみてください。

驚きの口コミが書かれていることも・・・^^;

 

実際にどうなっているかを確認・把握することはとても重要です。

 

 

 

次回はこの口コミの内容をよくする方法は?? 悪い口コミを書かれないようにするには?? 

もしありもないことが書かれていたら?について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

スマホサイトの重要性は認識している?自社サイトはスマホで確認!ビジネスでpcを扱っている人ほど、スマホで確認を怠っている・・・!?

 

前から感じていることをすこし書きたいと思います。

 

職業柄、不動産会社のホームページをよくみているのですが、見ているとpcサイトはかなり手の込んだ作りなのにスマホサイトは簡素極まりない・・・文字も小さく見にくいし非常に残念なサイトが多いんです。

 

 

 

 

 

それははぜでしょうか??

 

 

 

私は普段ホームページ制作やポータルサイト運営に利用するのはデスクトップPCもしくはノートパソコンが主です。

 

 

同じく、不動産会社はポータルサイトへの物件掲載・契約書の作成・その他事務作業含めデスクトップ・ノートパソコンを利用しています。

 

 

そのためか私の体感ではこういったPC主体で仕事をする方々は、自社のサイトであってもPCではしっかりサイトチェックするのに、スマートフォンでの確認を怠っている傾向があると感じています。

 

 

だから。。。

PCサイトよりスマートフォンサイトのほうがとても残念なサイトになっている傾向があるのです。

 

 

 

正直PC操作に慣れている人は何をチェックするにしてもPCのほうが楽、時短になるのでPCを利用しているのだと思います。

 

 

そもそも物件登録なんてスマホでやっていたらどのくらい時間がかかるかわかりませんよね??

 

そんなことも起因してるのかもしれません。

 

 

 

ただ不思議なことに私たちみんな一般的にはすでにpcよりスマホのほうが利用率が高くなってきていることを知っているのです。

それなのにスマホをチェックしない・・・・

 

日常って怖いですね。

 

 

でも絶対に気づいているんです。

 

・電車の中であたりを見まわすと多くの人がスマホをいじっている

・道端を歩いていてもながらスマホをする人とぶつかりそうになる

・ある公園の前にいくとみんなスマホ片手に何かをしている・・・これポケモンGOをやっているのかと

 

 

※これは電車のホームですが、電車の中でのスマホいじっている光景は目に浮かぶかと思います。

 

 

 

そして、不動産を探す層のユーザーはPCを持っていないくてもスマホはもっている人が多いのもみんな普段の生活から認識している。

 

 

ちなみに下記は保有率の推移のデータです。

 

 

情報通信機器の世帯保有率の推移


(出典)総務省「通信利用動向調査」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

 

 

 

モバイル端末の保有状況


(出典)総務省「通信利用動向調査」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

 

 

 

 

これを見てもすでにスマホがPCを上回っています。

 

 

 

 

繰り返します。

 

ホームページを作成している人がスマホをみるのは当たり前。

不動産会社が自社ホームページで最優先でチェックすべきなのにスマホサイト。

 

 

これを改めて認識してください!

 

 

あえて、日常PCで済ましてしまっていることを、

スマホでやってみてください。

 

・ショッピングサイトで購入

・SNSのチェック

・メールの送受信

などなど・・・

 

 

物件登録をスマホでとは言いませんが、スマホでなんでもこなすユーザーの気持ちを持つには

自分たちもスマホを使い尽くすしかないんです。

そうでないとスマホを利用する人たちの気持ちはわかりません。

 

 

時代の主流がスマホなので仕方ありません。

最後に!よく「スマホファーストで考えないと!」という声をよく聞くようになりました。

これは業態によるかもしれませんが、私は不動産業界においては「絶対にスマホファーストで考えなれければいけない!」っとは思っていません。

現状で言うとPCサイト・スマホサイト両方が大事です。

 

PCサイトも、企業、取引会社、銀行、士業など様々な関わり合いのある方が見ます。

よってどちらかに偏っては現状ダメなのです。

 

 

もしスマホチェックを怠っているなと感じた方はまずはスマホ中心生活にしていきましょう!!!^^v

 

 

 

※スマホサイトチェックは目がたいへん酷使されるので適度に目を休めることをお勧めします・・・ ーー;;

 

 

 

不動産ホームページの集客のためのリスティング広告は不動産専門運用会社に任せたほうがいい理由

昨今、不動産会社の集客のメインは不動産ポータルサイト(SUUMO・LIFULL HOME'Sなど)となりますが、

「自社ホームページ」を集客の軸の一つとして取り入れている会社も増えてきました。

 

詳しくは下記をご確認ください。

 

激変!不動産Web集客。反響分散時代のユーザー動向や経営者が見直すHPのポイント

 

 

 

 

しかしながら、自社ホームページは公開しているだけではお客さんは集まりません。

そのホームページへの一つの集客手段としてリスティング広告を利用する会社が増えています。

 

 

ちなみにリスティング広告とは

GoogleやYahoo!にて検索をした際に、検索結果上部に表示される広告になります。基本的にはユーザーがクリックすると課金されます。広告の表示順位は複数のアルゴリズムとなっていますが、基本は1クリックあたりの設定金額に応じて順位が決まります。ある意味では競売の入札の仕組みに似ているかもしれません。

 

 

 

さて、このリスティング広告を運用する際に、自社で運用することもできますが、

非常に手間と時間がかかるため多くの会社はリスティング広告の運用を業者に依頼をします。

 

 

では不動産会社が業者に依頼する場合、どんな会社に依頼するのがいいのでしょうか?

 

 

 

結論から先にお伝えしますと

「不動産専門の運用会社に任せたほうがいい」

です。

 

 

 

理由は非常に簡単。

不動産集客・不動産業界・不動産営業の仕組みを理解していない会社・担当が運用しても結果がでないからです。

 

 

 

一般的にリスティング広告を運用している会社は業種を問わず運用を行っているケースが多いです。

その中で今までの実績の提示があったり、関連したキーワードなどの提案はあります。

ただ、リスティング広告方法の理解や技術はあっても、根本的に不動産の知識がない。

そのため、その不動産会社にあった提案はできないと言っていいでしょう。

 

 

 

よくあるケースでは過去に行った他社のリスティング運用キーワードの組み合わせをそのまま配置するだけ。

広告文も同様・・・

 

これでは当然結果はでません。

 

 

 

 

では私が過去に見てきた「他社が運用していて残念な例」を具体的に何点か紹介します。

 

 

 

例1

・地域特化している会社にエリアを絞ること検討できていないリスティング業者

 

主に戸建ての販売をしているA社。地域特化しているため購入するお客さんのほとんどは

その地域に土地勘があり、その地域からの住み替えがほとんどとのこと。

リスティング予算に上限があるのにもかかわらず他の地域からの流入を絞っておらずすぐに予算が終わってしまっていました。

恐らく、そういった購入層のヒアリングをしていない、もしくは理解ができていなかったのでしょう。

 

 

 

例2

・戸建て専門会社にマンションのキーワードも盛り込んでしまうリスティング業者

 

こちらも戸建てをメインに販売しているB社。複数エリアをターゲットに販売していたため

その数エリアの地域キーワードを盛り込んでリスティング運用。ただ、戸建てメインにもかかわらずマンション系のキーワードが流入として入っていました。さらには新築マンションのワードも多数入っていました。

同じ不動産という認識で運用していたのか。もちろんマンションから戸建てへ振れるケースがあるのであればそれも〇なのですが・・・。

そこまでの理解はなかったようです。ちなみに新築マンションを探している人を戸建てに振れるケースはほぼないとのことでした。

 

 

 

例3

・高額投資物件(一棟)販売会社に「はじめての不動産投資」「投資 稼ぐ」「投資マンション フルローン」のキーワードで運用してしまうリスティング業者

 

高額投資物件(2億以上)を専門に扱う投資物件仲介会社。ヒアリングをすると対象となるのはある程度自己資金の出る富裕層とのこと。

当然ながら初心者や投資マンション、フルローン、ましてや「投資 稼ぐ」のようなワードは完全に対象外。これは完全に高額投資物件を購入できる属性を理解していない例ですね。 さらに広告文に「スタートから万全のフォローアップ」といった文言まで・・・これでは反響があっても成約という成果にはまず結び付かないですね。

 

 

 

 

<不動産集客におけるリスティング運用ができる会社の見極めるポイント>

 

・エリア特性の確認のない業者 ×

・賃貸、売買、投資などの物件販売手法を理解していない業者 ×

・運用するキーワードすら出さない業者 ×

 

 

一番は営業に来た人と会話をしてみてある程度不動産のことを理解できるか?

逆に上記のようなヒアリングをぶつけてくるか?を見極めたほうがいいですね。

 

 

 

 

リスティング広告・不動産広告に限らず100%成果の出る広告はありません。

ただ、より高い確率で成功する業者を選ぶことはできるでしょう。

 

 

数万円からリスティング広告を利用できる時代。競合も増え、大手中堅会社が多額の投資をしてくる中

それに対抗するには不動産を理解した専門会社に任せることは必須となってきているでしょう。

 

 

最低でも数十万〜数百万運用するリスティング広告。

これだけのお金をかけるのですから、しっかりとした業者の選定をすることをおススメします。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:広告

 

NewsPicks(ニューズピックス)って知っていますか?

 

みなさん、情報収集ってどういった形でしていますか??

 

・Yahoo!ニュース

・ツイッター

・Facebook

・新聞

・RSSリーダー

 

など現在、多数情報発信するサイトが存在していて

なんとなくネットサーフィンをしていると、とてもすべてをチェックすることはできません。

 

 

ちなみに私はというと、

基本は(細かいのを挙げるときりがないので・・・)

 

・日経新聞

・Yahoo!ニュース

 

そして今回紹介する

NewsPicks(ニューズピックス)

 

になります。

 

 

<NewsPicksスマホアプリ>

 

 

 

NewsPicksってどんなものっていうと、、、

 

--------------------------------------------------

 

経済を、もっとおもしろく。」

ビジネスパーソンや就活生必携のソーシャル経済メディア。

国内外の最先端の経済ニュースを厳選。

専門家や著名人の解説コメントでニュースがわかる

 

--------------------------------------------------

といった内容。

 

 

 

基本的には経済のニュース記事を集約して、

そのニュースに対して色々な人がコメント(意見)するというものです。

 

 

 

 

 

単に記事を見ているだけだとその記事からの情報のみになりますが、

いろいろな人の意見を見ていると

 

「あ〜なるほど」

とか

 

「この意見は偏っているな」

とか

 

自分自身でも考えるようになったり、記事以外の情報も吸収できたりします。

 

 

 

 

私もこのNewsPicksを活用し始めてから

自分の意見を発信することを始めました。

 

 

Yahoo!ニュースとかでも記事の一番下にコメントが入っていますが、

あれはすべて匿名です。

 

 

 

NewsPicksでは自身の経歴や実名を公開している人が多数いるので

そーいった意味でも意見に責任があるというか、

内容がしっかりしたものが多いのも特徴ですね。

 

 

 

 

 

仕事柄色々な人と会話する人が多く、

その都度感じることが「言語化」することができない人が多い。

 

ようは「自分の意見を言葉にすることができない」人が多いんです。

 

 

でもそういう人って人の意見に対して否定することだけはいっちょ前にしてしまったり・・・^^;

意見があってようが間違ってようが、自分の意見を発することが大事だと私は考えます。

 

 

ちなみに下記が私の意見投稿した記事ページ(マイページ)です。

https://newspicks.com/user/3609846

ログインしてもらえば、みることができます。

 

 

もし興味があれば一度NewsPicksを活用してみてください!^^v




 

ANAの広告が・・・。滅多に見ないが広告運用(YDN)でこんなミスも・・・

 

少し前のことですが、

ヤフーニュースを見ていると・・・

 

 

 

 

 

 

わかりますか・・・???

 

広告の部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ANAの広告です。

タイトルが「あああ」になってしまっている・・・

 

完全な人的ミスかと思います・・・><

 

 

 

 

 

 

 

当社もヤフープロモーション広告、Googleアドワーズ広告を扱う業者ですが、

こういったミスは絶対に避けないといけません。

 

恐らくテストで広告登録をして、非公開設定にしていたつもりのものが

表示されてしまったのでしょう。。。

 

 

 

こういった状態で表示されることで、広告主に対してイメージダウンにつながってしまいます・・・。

 

 

 

 

この広告を見た瞬間、身の引き締まる思いでした。

このミスを反面教師として、当社でも「ミスのでない体制」づくりと、「確認体制」を再度徹底していきたいと思います。

 

 

 

 

 

あ〜恐ろしい・・・^^;;

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:広告

東京ビューティーアート専門学校へ!不動産賃貸経営フェアで女性・子供向け「無料ネイル体験」を!^^

 

5/12(土)に開催される不動産賃貸経営フェア2018春まで残り1ヵ月となりました!^^

 

 

今回は

「シニア、女性、子供にも楽しんでもらえる会」

をコンセプトに掲げています!

 

 

その中の一つの企画の打ち合わせで、

先日、東京ビューティーアート専門学校さんへお邪魔してきました^^

 

 

 

 

 

 


今回、来場頂いた女性・子供の方には、

ちょっとした隙間に気軽に体験できる

「無料ネイル体験」「無料ハンドマッサージ」

をご用意します!^^

 

 

 

 

 

子供であれば、約15分くらいで

キラキララメネイルや、ワンカラ―のグラデーションネイルなんかも体験出来ちゃいます!^^

 




他にもシニア・女性・子供向けに色々企画進行中です^^
ご家族皆さんでのご来場をお待ちしております!!

 

 

ご予約がまだの方は下記より登録してください!

事前予約で博士オリジナルスイーツもプレゼントしちゃいます!^^

 

 

 

 

博士の不動産賃貸経営フェア事前予約はコチラ!

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:不動産投資・アパート経営・賃貸経営

吉祥寺本社にて新卒向けインターンシップを開催!博士.comインターン採用(WEB制作・出版・広告業)

 

弊社、博士.comでは毎年新卒採用を実施し、

4,5名の新卒の社員さんに入社頂いています。

 

この採用活動ですが、経団連(一般社団 日本経済団体連合会)では、17年度および18年度入社対象の指針において、広報活動開始は3月1日以降、選考活動開始は6月1日以降と規定しています。

 

 

つまり2019年卒の新卒広報活動は2018年3月からしかできないという規定になっております。

ただ、近年広報活動ではなく「インターンシップ」として新卒の活動開始の6/1〜と同時に

この「インターンシップ」を開始する企業が増えてきています。

 

 


<マイナビ 2019インターンシップページ>

 

 

 

 

ということで、弊社博士.comでもこの「インターンシップ」を今年から始めておりまして、

昨日も約10名の方に来社頂き、職場体験をして頂きました^^v

 

 

 

 

インターンシップは広報活動・会社説明会ではありませんので、

あくまでWEB制作、広告、出版などの業界動向や実際の仕事内容を見て頂いたり

職場で働いているスタッフの実際の声を聞いて頂いたり。

 



 

参加して頂いた方に聞いてみると、すでに何社もインターンシップに参加しているとか。

採用活動自体はまだですが、意欲的に何社も回っているようです。

 

何点も積極的に質問も頂き、なんと意欲的か^^


ただ、

就活解禁前に【内々定】が可能!?まとめて6社の最終選考を狙えるイベント【人事・経営者らによるフィードバック付き】

 

>就活解禁3月、選考開始6月とされているものの、就活解禁前から選考が

>始まっていることは周知の事実。

>ライバルの中にはすでに選考を経験した人、

>内定者候補となっている人も多数出てきています。

 

 

 

 

なんて記事でも出ているように、すでに採用選考が行われているような内容も・・・

なんかこれは大手採用サイトの戦略か、大手企業の思惑が一致したのか。。。

 

経団連が考える意図とはちょっと外れている気もしますが・・・^^;

 

 

 

 

ただ、「入社前に気になった会社を体験できる」という点ではインターンシップはとてもいい機会だと思っています。

弊社では選考過程でも「インターンシップ」を実施しているのですが、

やはり実際に会社・スタッフを見て頂かないとわからないことは多いです。

 

 

せっかく1年間以上かけて就職活動をしたのにもかかわらず、

4月に入社して

「思ってた会社と違った・・・>< 」

などとなって退職するなんて悲しすぎますよね。。。

 

でもこういう方ホントに多いんです。可能であれば、入社前には必ず実際に働いているスタッフと色々な話をして会社を選択するべきだと私は思っています!

 

 

 

 

さてついに、来週3/1から広報活動も開始され、2019卒の方々は一斉に動いていきます。

 

 

 

新卒採用募集がスタート!今年も吉祥寺で働きたい「企画プランニング・WEB制作デザイナー・広告企画・雑誌出版」募集中!

去年採用活動の記事を書いてから早一年。月日が過ぎるのははやい^^;

 

 

新しい方々との出会いに期待しつつ、

また今年も採用活動スタートしたいと思います!^^v

 

 

 

 

 

 

博士.com 採用ページ

 

JUGEMテーマ:インターンシップ

平成29年度賃貸不動産経営管理士の合格点・合格率は?

 

昨日、1通のレターパックが届きました。

 


 

 

そう、去年11月に受けた「賃貸不動産経営管理士」の試験に合格しました^^

 

今年は前年に比べて試験の解答方式が変わり多少難易度もあがったようで・・・

なんとか通ったといった感じですが^^;

 

 



なんとか、博士の賃貸経営フェア終了後に追い込みをかけておいつきました^^;

よかった。。。
 

 

 

 

 

ちなみに平成29年度の賃貸不動産経営管理士の実施状況は下記のようです。

申込者数:17,532名
受験者数:16,624名

 

そして先日発表された合格者リストを見ると

合格者は8,033名。

合格率は48.32%。

 

 

         受験者    合格者    合格点    合格率
平成29年度    16,624 8,033  27点  48.32%
平成28年度    13,149    7,350    28点    55.89%
平成27年度    4,908    2,679    25点    54.58%
平成26年度    4,188    3,219    21点    76.86%
平成25年度    3,946    3,386    28点    85.80%

 

平成29年度 試験結果統計が発表されました

http://www.chintaikanrishi.jp/exam/statistics/

 

 

ついに合格率が50%を切りましたね^^;

 

今回の試験によって資格保有者が5万人を超えます。

国家資格化へより近づいていくのでしょうか。。。

 

まぁ、まだわかりませんが・・・。

 

 

 

ちなみに私も賃貸経営博士の運営や不動産専門ホームページを提供する身としては

勉強しておいて損はないかと思い試験を受けました。

 

宅建所有者の方にとってはまだそこまで難しくはないようですが、

興味があれば受験を検討してみてはいかがでしょうか?

 


賃貸不動産経営管理士公式ページはこちら

 

 

 

 

JUGEMテーマ:資格取得

 

2017秋 博士の賃貸経営フェアご参加ありがとうございました!

少し経ってしまいましたが、

博士の賃貸経営フェアにご参会頂きました皆様ありがとうございました!^^

 

 

今回で第三回となりましたが、

さらに来場頂いた方が増え、博士.comスタッフブースでの

取材を受けて頂いた方も増えうれしく思っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

終わったばかりですが、皆さまから頂きましたアンケートや感想などをもとに

次回の博士の賃貸経営フェアの企画をスタートさせております!

 

次回は2018年5月に「博士の賃貸経営フェア2018春」を予定しております^^

今回参加頂いた方も、都合が合わずご参加頂けなかった方も是非来年、ご参会頂ければと思います!



 

博士.comスタッフ一同、賃貸経営博士がお待ちしております^^

 

 

 

JUGEMテーマ:イベント

2017博士の賃貸経営フェア秋(11/12)まで残り3日!ラストスパートをかけています!^^

 

いよいよ弊社主催イベント

「2017博士の賃貸経営フェア秋」

の開催まで残り3日を切りました!


 

昨日は、博士の賃貸経営フェアが開かれる

ベルサール新宿セントラルパークにて最終打ち合わせにいってきました^^

 

 

 

 







毎回来場して頂いている不動産オーナーさん・投資家さんに楽しんでもらうべく、

入念に配置や流れを確認してまいりました。

 

 

今回で博士の賃貸経営フェアは3回目の開催となりますが、

参加者の交流が深く築けるイベントや勉強になるセミナーを準備しております!^^

 

 

 

 

イベント概要はこちら ↓↓↓

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
!!11/12(日)【博士の賃貸経営フェア2017秋】開催!!
 
今年の秋もいよいよ始まります!
大家さん・不動産投資家の為の賃貸経営のフェア!
ベルサール新宿セントラルパークにて、
私たちと一緒に勉強&交流しませんか?
 
■多数の不動産経営セミナー・大家座談会!
■好評の大家さん・投資家取材コーナー
■DIYにリラクゼーションまで!充実の体験型ブース!
■豪華景品が当たるスタンプラリー!
■今回も開催決定!『大家さんの懇親会』(17:30〜)
  
もちろん今回もご家族同伴OK!キッズスペースも用意しています^^
ぜひご家族そろってご参加ください!

当日、直接来場いただいてもOKです^^ 

 

詳細はこちら!
https://www.chintaikeiei.com/fair/
  
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





協賛頂いた商品なども続々と届いています^^


当日のパンフレットも完成しました!

 

 

 

 

また、17:30〜からの大家さん・投資家さん懇親会を今回も開催します!

今まさに、残り三日で懇親会をより楽しい会にできるよう追い込んでいます!(笑)

 

 

※前回の懇親会の様子

 

 

今回は、取材部長の常務山下はじめ、大家倶楽部取材担当のガワこと柿川

マイクパフォーマンスを披露しちゃいます^^

 

是非お時間があればご参加ください!

 

 

 

残り三日、ラストスパートをかけてがんばります!!^^v

 

 

 

 

P.S

 

 

今回のフェアにての必殺アイテム「墨」



 

 

それがバックスペースに保管してあったのですが・・・

筆者の上司・先輩などへの配慮が伺えます^^;

 

 

「さわるな!」 とか書いちゃえばいいのに(笑)

 

 

 

この必殺アイテムがどこに使われているかも、

現地フェアにて見てみてください!^^

 

 

【博士の賃貸経営フェア2017秋】
https://www.chintaikeiei.com/fair/

 

 

JUGEMテーマ:イベント情報

12>|next>>
pagetop