April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

不動産ホームページの集客のためのリスティング広告は不動産専門運用会社に任せたほうがいい理由

昨今、不動産会社の集客のメインは不動産ポータルサイト(SUUMO・LIFULL HOME'Sなど)となりますが、

「自社ホームページ」を集客の軸の一つとして取り入れている会社も増えてきました。

 

詳しくは下記をご確認ください。

 

激変!不動産Web集客。反響分散時代のユーザー動向や経営者が見直すHPのポイント

 

 

 

 

しかしながら、自社ホームページは公開しているだけではお客さんは集まりません。

そのホームページへの一つの集客手段としてリスティング広告を利用する会社が増えています。

 

 

ちなみにリスティング広告とは

GoogleやYahoo!にて検索をした際に、検索結果上部に表示される広告になります。基本的にはユーザーがクリックすると課金されます。広告の表示順位は複数のアルゴリズムとなっていますが、基本は1クリックあたりの設定金額に応じて順位が決まります。ある意味では競売の入札の仕組みに似ているかもしれません。

 

 

 

さて、このリスティング広告を運用する際に、自社で運用することもできますが、

非常に手間と時間がかかるため多くの会社はリスティング広告の運用を業者に依頼をします。

 

 

では不動産会社が業者に依頼する場合、どんな会社に依頼するのがいいのでしょうか?

 

 

 

結論から先にお伝えしますと

「不動産専門の運用会社に任せたほうがいい」

です。

 

 

 

理由は非常に簡単。

不動産集客・不動産業界・不動産営業の仕組みを理解していない会社・担当が運用しても結果がでないからです。

 

 

 

一般的にリスティング広告を運用している会社は業種を問わず運用を行っているケースが多いです。

その中で今までの実績の提示があったり、関連したキーワードなどの提案はあります。

ただ、リスティング広告方法の理解や技術はあっても、根本的に不動産の知識がない。

そのため、その不動産会社にあった提案はできないと言っていいでしょう。

 

 

 

よくあるケースでは過去に行った他社のリスティング運用キーワードの組み合わせをそのまま配置するだけ。

広告文も同様・・・

 

これでは当然結果はでません。

 

 

 

 

では私が過去に見てきた「他社が運用していて残念な例」を具体的に何点か紹介します。

 

 

 

例1

・地域特化している会社にエリアを絞ること検討できていないリスティング業者

 

主に戸建ての販売をしているA社。地域特化しているため購入するお客さんのほとんどは

その地域に土地勘があり、その地域からの住み替えがほとんどとのこと。

リスティング予算に上限があるのにもかかわらず他の地域からの流入を絞っておらずすぐに予算が終わってしまっていました。

恐らく、そういった購入層のヒアリングをしていない、もしくは理解ができていなかったのでしょう。

 

 

 

例2

・戸建て専門会社にマンションのキーワードも盛り込んでしまうリスティング業者

 

こちらも戸建てをメインに販売しているB社。複数エリアをターゲットに販売していたため

その数エリアの地域キーワードを盛り込んでリスティング運用。ただ、戸建てメインにもかかわらずマンション系のキーワードが流入として入っていました。さらには新築マンションのワードも多数入っていました。

同じ不動産という認識で運用していたのか。もちろんマンションから戸建てへ振れるケースがあるのであればそれも〇なのですが・・・。

そこまでの理解はなかったようです。ちなみに新築マンションを探している人を戸建てに振れるケースはほぼないとのことでした。

 

 

 

例3

・高額投資物件(一棟)販売会社に「はじめての不動産投資」「投資 稼ぐ」「投資マンション フルローン」のキーワードで運用してしまうリスティング業者

 

高額投資物件(2億以上)を専門に扱う投資物件仲介会社。ヒアリングをすると対象となるのはある程度自己資金の出る富裕層とのこと。

当然ながら初心者や投資マンション、フルローン、ましてや「投資 稼ぐ」のようなワードは完全に対象外。これは完全に高額投資物件を購入できる属性を理解していない例ですね。 さらに広告文に「スタートから万全のフォローアップ」といった文言まで・・・これでは反響があっても成約という成果にはまず結び付かないですね。

 

 

 

 

<不動産集客におけるリスティング運用ができる会社の見極めるポイント>

 

・エリア特性の確認のない業者 ×

・賃貸、売買、投資などの物件販売手法を理解していない業者 ×

・運用するキーワードすら出さない業者 ×

 

 

一番は営業に来た人と会話をしてみてある程度不動産のことを理解できるか?

逆に上記のようなヒアリングをぶつけてくるか?を見極めたほうがいいですね。

 

 

 

 

リスティング広告・不動産広告に限らず100%成果の出る広告はありません。

ただ、より高い確率で成功する業者を選ぶことはできるでしょう。

 

 

数万円からリスティング広告を利用できる時代。競合も増え、大手中堅会社が多額の投資をしてくる中

それに対抗するには不動産を理解した専門会社に任せることは必須となってきているでしょう。

 

 

最低でも数十万〜数百万運用するリスティング広告。

これだけのお金をかけるのですから、しっかりとした業者の選定をすることをおススメします。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:広告

 

pagetop